2008年7月22日火曜日

一関 厳美渓



岩手ツアーシリーズpart.2


岩手県一関市の市街地からほど近い位置にある絶景スポット

「厳美渓」

バッキバキに切り立った岩肌を清流が縫ってます。



こちらでは空とぶだんご「郭公だんご」が有名なんですが。


対岸の断崖の上にだんご屋がありまして、


川を跨いでワイヤーが設置されています。 


こちら側からザルにお金(400円)を入れて、設置されている木板を木槌でたたいてやると、



するするとザルが宙を舞い、団子屋に吸い込まれていきます。


数十秒後、今度はけっこうなスピードでザルが飛んで来て、


中にはだんごとお茶が

普通にだんごの箱のうえに紙コップのお茶が置かれてくるんですが、一滴もこぼれてないんです。すげえ。



しかもウマい。




同行した相方はいつもヒールばっかり履いてる人なので、この機会に運動靴を買い与えておいてよかったです。
このガジェットでエラーが発生しました