2007年12月20日木曜日

red/red/red

あらゆる色が出つくしてる今、

こういうのに

ぴくっと

きちゃいます

2007年12月17日月曜日

Panasonic Shockwave

掃除してたら、懐かしいヤツと再会。




ベルトに付けれるようになってて、中高時代は基本的に腰にこいつを付けてた気がする。とりあえずこいつでMixTapeやら聴きまくった。
同級生で校内のブート屋的存在のやつがいて。そいつは通販とかで最新のミックスをゲットし、さらにテープにダビングして200円で売ってて、けっこう世話になったww今はその彼も仙台で活躍するDJなんだけどね。

当時でも時代に逆行した、弁当箱かってくらいのサイズにこのタフなデザイン。かなり好きでした。

キングギドラのステッカーも、剥げちゃって読めませんが。思い出の品です。

それがいまやこんな時代

2007年12月14日金曜日

告知12/15

明日、12月15日は下記の2イベントでDJさせて頂きます!!


どちらも凄いことになりそうです☆

徒歩5分くらいの距離なので、皆さん俺と一緒に行ったり来たりしましょう!!

SHAFTのPARTY ROCKERSはエントランスで「AKEY-FRESHのブログ見ました。」と言っていただければ前売り価格でご入場いただけます。

是非!!

2007年12月12日水曜日

年末の序章

すっかり年末ムードですねー。
我がホームタウン仙台でも今日から大規模なイルミネーション「光のページェント」がスタート。毎年恒例ですが、ステキですね。


年末の恒例といえば、やはりアルバムや楽曲のリリースラッシュ。はっきりいって、時間がなくてチェックしきれませんww
嬉しい悩みだけどね。でも毎年、年明け以降はパタッと止まっちゃうんだよね。あれはやめてほしい。


忘年会やら何やらで忙しくなりますねー、個人的に4軒目くらいで(起きてたら)熱唱したいのがこちら。

2007年12月11日火曜日

冬帽子 part.1


わりと久々にneweraチェックしました@BLACKSTORE

つばうらの刺繍がナイス。10DEEP。

2007年12月10日月曜日

マンガ少年別冊 火の鳥



手塚作品の中でも知名度、評価ともに高いコチラ。
読んだ事ない人はぜひ。ものすごい哲学書です。

ちなみに当時のA4版オリジナルです。

2007年12月5日水曜日

訃報 Pimp C 死去


あまりにも衝撃的なニュースが飛び込んできました。

米ゴシップサイトtmz.comによると、テキサスの人気ラップデュオ、UGKのメンバーPimp Cが4日火曜、LA市内のホテルで亡くなったそうです。

http://www.tmz.com

享年33歳。死因はまだ明らかにされていませんが、昨年の出所以降、ソロアルバムに続き、UGK名義でも待望の新作をリリースし、シングル"International players anthem"が大ヒット中でした。


本当に残念です。


謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

2007年12月4日火曜日

Freeway / Free at last




1.This Can'T Be Real feat. Marsha Ambrosius
2.It's Over
3.Still Got Love
4.Roc-A-Fella Billionaires feat. Jay Z
5.When They Remember
6.Take It To The Top feat. 50 Cent
7.Spit That Sh*T
8.Reppin' The Streets
9.Free At Last
10.Baby Don'T Do It feat. Scarface
11.Nuttin' On Me
12.Walk Wit Me feat. Busta Rhymes & Jadakiss
13.Lights Get Low feat. Rick Ross
14.I Cry
 
前回JAY-Z に引き続き、ご紹介しますのはROC-A-FELLAのこの人。フィラデルフィア出身の Freeway。で、この2nd。衝撃の1stからもう4年もたつんですねえ。あれはまじでやられた。なんと言っても前作に関してはJust Blazeの功績があまりにも大きい。というかJustBlaze時代の代表作ですね。しかし音だけじゃなく、この男のラップスキルにはジガ氏も脱帽したとか。独特のガナリ系ハイトーンヴォイスにとことん攻めのフロウにライミングのセンスも抜群。なんかこういう時代だとこういうラッパーがすごく健全に感じてしまうのは俺だけでしょうか?今作はエグゼクティブ・プロデューサーにJay-Z&50 Centというカタチなんですが、、、なんとJust Blaze pro作品は今回未収録。。まじに心配だったんですが、結果としてまぁほっとしました。ていうか、いいかも。んや、つーか、普通にイイ!!①曲目ではまず完全に期待を裏切られました。オサレです。ピアノとフルートと生ドラ(生クリーム入りのどら焼きではなく)のソウルフルかつ暖かみのある音に出だしからではあのWuの名ヴァースからの引用!Marsha Ambrosiusの声がすごく透き通った印象。②はROCお得意の感じの勇まし系ですがフックのラップハメ擦りが往年のスタイルを押さえつつ社長へのリスペクトも込もってます。③は疾走感溢れるCurtis Mayfield使い。フックで重なってくるシンセが気持ちいい〜。④は説明不要の大ヒットチューンfeat.Jay-Z。まじに震えるカッコ良さ。どっちかというと武者震い系の。これがかかると必ず縦に倍速で細かく乗ってしまいます。チェチェチェチェチェチェチェ〜!ということで⑤はこれまたお得意のヴォーカルごとループしたトラックはGladys Knight使い。相変わらずこういうのもいい。⑥これはシングルカットするべき一曲。ある意味目玉曲で、50CENTのソフトなフックが今だからこそ妙にかっこ良く感じる。オケもキャッチーでチャートでも健闘すると思うけどな。⑦はフックのspit that シーッ!!が妙に耳に残りますね。⑧これもまたです。⑨アルバムタイトルを冠したこちらはチョップがステキ。悪くない。⑨は大御所Scarfaceを迎え、ロカフェラソウルチューンの王道をいく佳作。イイわー。⑩はストイックなハーコーチューン⑪はBusta Rhymes & Jadakissを迎えてハンドクラップ、重ねた重厚なビートにピアノの上モノ。⑫はマイアミの首領Rick Rossを迎え、Cool&Dreがプロデュースを努める今どきな一曲。想像するとものすごいヒゲ対決www。そして最後⑬は悲しげに〆。んん-。
やっぱ1stほどのインパクトはないけど、アルバムを通してロカフェラサウンドの根底にあるソウルフルなヴァイブスを更に増幅させつつ、キッチリ世間にアピるとこはアピる。スキルの賜物ですね。つーかこいつのラップはまじでかっこいい。

PHILADELFIAの同郷繋がりでTHE ROOTSらへんとの絡みを熱望いたします。

2007年12月3日月曜日

Nike Air Trainer 2 SB Supreme



またまたやってくれた。

Nike Blazer Vinyl Head

ブラジルのみでリリースされるこちらのブレーザー


ブラックレザーの上にパテントの加工でレコードの盤面のような溝のデザイン。

インソールもこの凝りよう。

Center Line Report

土曜日は告知したとおりCenter Line@Macanaでございました。

遊びに来てくれた皆さん本当にありがとうございました。


この日はCenter Lineの秘蔵っ子DJ Haga-Bonzの初お披露目。

なかなかよかったです☆

そしてMr.Chackee氏 & DJ Fat psy Joe氏の誕生祝いも!


ステージでテキーラの3回おかわり(強制)につづき、

Mr.Chackee氏がキレキレなフリースタイルを披露。


その後、少々やり辛そうにDj Fat psy Joe氏がコメントw 


みなさん今年もありがとうございました。
実は来年から半端ない企画がスタートしますので、乞うご期待ってことで。

理想的な師匠と弟子の図
このガジェットでエラーが発生しました